寄付の種類と方法

學校法人芝浦工業大學へのご寄付について

コロナ対策學生支援プロジェクト募金

【プロジェクト募金の使途】
①當座の生活費等に困窮している學生に対する返済不要の奨學金(一人最大50萬円)の支給(選考あり)
②芝浦工業大學緊急時奨學金?芝浦工業大學特別奨學金制度の拡充
 家計急変者のための緊急時奨學金?特別奨學金の選考枠の拡大と柔軟な対応

募集金額 1口1萬円 なお、口數は1口未満でもご厚意を受け取らせていただきます。

募集期間 2020年4月27日から2021年3月31日



創立100周年記念事業募金

2027年の創立100周年を見據え、記念事業の中核となる豊洲キャンパス整備第二期計畫の実現に向けた募金を実施しています。また理工系私學として唯一選定されたスーパーグローバル大學として、現在、鋭意推進している事業をさらに加速させるために新たな募金を実施しています。教育研究環境の整備にあたり、本學では冗費の削減に努めるとともに、補助金などの外部資金を活用するなど様々な経営努力をしております。
しかしながら、継続的な環境整備を実施していくためには、さらに資金を必要とし、卒業生を始め在校生のご父母ならびに保証人様にご寄付を通じたご協力をお願いしております。
ぜひとも事情をご賢察の上、ぜひ溫かいご支援を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

寄付のお申し込み

併設校へのご支援は以下のボタンからお願いします。

その他(課外活動支援等)(使途特定経費寄付)

寄付者が特定する資金使途に充當します。課外活動支援、本學の正課外教育の一環である、體育會?文化會の活動に関わる強化費や合宿所、練習場の整備費用などに活用します。寄付者の情熱と応援が各部にひろがります。

2014年度から、課外活動に參加する學生が一定成績水準を超えていることを條件に、課外活動経費の一部を支給し、在學する學生、公認団體による課外活動の活性化を目的とした制度が新たに制定されました。この制度は、株式會社エスアイテックからの寄付金を中心に、趣旨にご賛同いただける法人または個人の方々からの寄付金を原資として、學內の選考過程を経て選ばれた団體または個人に対して、課外活動に要する経費の一部を補助金として支給するものです。

この制度へのご寄付を希望される場合には、資金使途を「課外活動活性化」と特定してください。

インターネットを利用した寄付方法はこちら(FUNDex社のサイトに遷移します)

研究奨勵寄付 教育研究の振興及び助成

本學における教育研究の振興及び助成を目的として、各種団體及び民間企業等から承る寄付金(隨時募集)です。ご寄付対象者(教員等)をご指定いただいています。

芝浦工業大學附屬中學高等學校 教育環境整備募金

芝浦工業大學附屬中學高等學校の教育環境充実資金寄付金に充當されます。
※芝浦工業大學附屬中學高等學校へのご支援はこちらをご指定ください。

  1. 教育環境整備充実サポート寄付
    新しい大學入試制度だけなく、生徒の能動的學習を促すアクティブ?ラーニングや実踐的英語コミュニケーション教育など、最近の中學高校における教育は急速に変化しています。 さらに教育用ICT設備などは、年々更新していく必要があります。頂戴したご寄付は、そうした教育を充実していくための環境整備に活用させていただきます。また生徒が安心して學習するための防災面?安全面での設備更新にも利用させていただきます。
  2. グローバル人材育成サポート寄付
  3. 成績優秀にして意欲と向上心あふれる生徒に対して、海外での學習経験を積む機會を與え、將來、國際舞臺で活躍する技術者?研究者の卵を育てます。外國語の習得はもちろんのこと、異文化との接觸と理解は、高校時代の留學経験の影響が最も大きいと言われています。頂戴したご寄付を基に「グローバル人材育成サポート基金」を創設し、留學機會をより多くの生徒に與えていきます。
  4. 教育研究?課外活動サポート寄付
    よい教育を行うためには教員個人の不斷の努力が欠かせません。教育能力向上のための研修および実踐活動、教科への深い知識を獲得するための研究活動、それらを具體的に実行していくための機器?設備の更新を後押ししていく必要があります。また、學校教育は教科教育だけで成り立っているわけではありません。クラブ活動を中心とした課外活動、教養を高めるための課外講座も重要です。頂戴したご寄付は、本校の教育の質を高めていくために活用させていただきます。

インターネットを利用した寄付方法はこちら(FUNDex社のサイトに遷移します)

芝浦工業大學柏中學高等學校 教育環境整備募金

芝浦工業大學柏中學高等學校の教育環境充実資金寄付金に充當されます。
※芝浦工業大學柏中學高等學校へのご支援はこちらをご指定ください。

インターネットを利用した寄付方法はこちら(FUNDex社のサイトに遷移します)

寄付の方法

クレジットカード?インターネットバンキング?ATMを利用した寄付方法


寄付趣意書に同封の振込用紙(兼寄付申し込み書)を利用した寄付方法

【 ご注意 】


研究奨勵寄付 教育研究の振興及び助成

研究奨勵寄付について

本學における教育研究の振興及び助成を目的として、各種団體及び民間企業等から承る寄附金です。ご寄付対象者(教員等)をご指定いただいています。

手続きの流れ

研究奨勵寄附金申込書を財務課あてにお寄せいただきます。

申込書を確認後、概ね1週間以內に、振込口座のご案內(振込のご依頼)をお送りします。

お振込を確認後、概ね1週間以內に寄付金受領書をお送りします。

稅制上の優遇措置

ご寄付いただきました金額を下記により當該事業年度の損金に算入できます。

1)特定公益増進法人に対する寄付金 

一般寄付金の損金算入限度額と別枠で、損金として算入することができます。
この寄付金による損金算入には、本學発行の「寄付金受領書」と「特定公益増進法人であることの証明書(寫)」によって手続きができます。
◇ 損金算入限度額の計算方法
損金算入限度額=((a)資本基準額+(b)所得基準額)×1/2
(a) 資本基準額=資本金額(期末資本金額+期末資本積立金額)×事業年度月數
÷12ヶ月×3.75/1000
(b) 所得基準額=當期所得金額×6.25/100

2)受配者指定寄付金 

日本私立學校振興?共済事業団(以下「私學事業団」と略します)を通じて行っていただく寄付制度です。この制度をご利用いただくと、寄付金の全額を損金に算入することができます。
なお、免稅手続きには、私學事業団発行の「寄付金受領書」が必要となります。この受領書は、私學事業団から発行され次第お屆けいたします。この制度については、私學事業団のWEBページhttp://www.shigaku.go.jp/s_kihu_menu.htmをご參照ください。

ダウンロード

研究奨勵寄付金申込書(excel)(20.2 KB)
〔私學事業団宛〕寄付申込書(様式1-1)(excel)(26.5 KB)※受配者指定寄付金制度をご利用いただく場合、こちらもご提出下さい

◆研究奨勵寄附金による研究成果等知的財産権は、本學に帰屬します。

芝浦工業大學附屬中學高等學校 教育環境整備募金

芝浦工業大學附屬中學高等學校の教育環境充実資金寄付金に充當されます。
※芝浦工業大學附屬中學高等學校へのご支援はこちらをご指定ください。

インターネットを利用した寄付方法はこちら(FUNDex社のサイトに遷移します)

芝浦工業大學柏中學高等學校 教育環境整備募金

芝浦工業大學柏中學高等學校の教育環境充実資金寄付金に充當されます。
※芝浦工業大學柏中學高等學校へのご支援はこちらをご指定ください。

1.教育環境整備充実サポート寄付

新しい大學入試制度だけなく、生徒の能動的學習を促すアクティブ?ラーニングや実踐的英語コミュニケーション教育など、最近の中學高校における教育は急速に変化しています。 さらに教育用ICT設備などは、年々更新していく必要があります。頂戴したご寄付は、そうした教育を充実していくための環境整備に活用させていただきます。また生徒が安心して學習するための防災面?安全面での設備更新にも利用させていただきます。

2.グローバル人材育成サポート寄付

成績優秀にして意欲と向上心あふれる生徒に対して、海外での學習経験を積む機會を與え、將來、國際舞臺で活躍する技術者?研究者の卵を育てます。外國語の習得はもちろんのこと、異文化との接觸と理解は、高校時代の留學経験の影響が最も大きいと言われています。頂戴したご寄付を基に「グローバル人材育成サポート基金」を創設し、留學機會をより多くの生徒に與えていきます。

3.教育研究?課外活動サポート寄付

よい教育を行うためには教員個人の不斷の努力が欠かせません。教育能力向上のための研修および実踐活動、教科への深い知識を獲得するための研究活動、それらを具體的に実行していくための機器?設備の更新を後押ししていく必要があります。また、學校教育は教科教育だけで成り立っているわけではありません。クラブ活動を中心とした課外活動、教養を高めるための課外講座も重要です。頂戴したご寄付は、本校の教育の質を高めていくために活用させていただきます。

インターネットを利用した寄付方法はこちら(FUNDex社のサイトに遷移します)
国产人妻熟妇在线视频